翻訳会社依頼などの様々な選択肢〜国境フリーダム推進委員会〜

英語

翻訳の歴史

世界的には歴史が長くなります

先生

私たちが国内で海外の書物、雑誌などを読もうとする時、日本語に翻訳された形で利用している事が多くあります。翻訳された書籍を購入する場合もあります。多くの人が利用する以前には、翻訳は翻訳会社に依頼しているケースが多くなります。 翻訳の歴史を紐解く場合には、日本では明治期から翻訳が増えていく場面が多くなります。文明開化の時代には、海外からの文化も流入し、翻訳が必要とされる事が多くなっていった背景があります。 しかし、世界的に見てみると、古い書物では、永遠のベストセラーといわれる『聖書』を外す事はできません。紀元前に存在していた事から考えると、翻訳の歴史は西暦以上の歴史をもつ事になります。 現在ではインターネットなどを通じて、世界との繋がりも深くなり、翻訳会社でも、グローバルに作業が展開されています。

いくつもの段階を経て完成している

翻訳会社における作業の特徴としては、特に分厚い資料等でなくても、まずは打ち合わせを行った上で、希望に沿った翻訳の目的などが理解されます。翻訳会社では、依頼者によるGOサインが出ると、社内分配がされ、段階に応じて適材適所に原稿が渡る事になります。翻訳を言語で理解して訳す場合もあれば、利用者の理解を深めるために多少の付加説明をする場合もあります。翻訳会社では、打ち合わせの段階で、依頼者による翻訳目的なども明確になっているため、希望に沿った形で作業を進める事になります。 一通りの翻訳が終了すると、翻訳会社によって違いはありますが、社内のネイティブ、あるいは海外在住のネイティブに添削を依頼するケースが多くなっています。翻訳会社における作業過程は、いくつかの段階を経て、完成・納入に至っています。

Copyright (c) 2015 翻訳会社依頼などの様々な選択肢〜国境フリーダム推進委員会〜 All rights reserved.